プルーン

今年はいち早くプルーンが店頭に並びました。
南佐久地域はプルーンの生産が盛んで、日本で一番最初に栽培を始めたのも佐久のようです。
輸入のドライプルーンは、簡単に手に入りますが、生のプルーンは食べた事がない人も多いのではないでしょうか。
プルーンは栄養価の高さから、欧米では、ミラクルフルーツといわれているようです。
鉄分、ビタミン、食物繊維も豊富で、女性の方に是非食べて頂きたいです。
時期的には9月下旬まで、2週間ごとぐらいに品種が変わりながら、続いていきます。
どの品種も個性があり、おいしいので、食べ比べて見てはいかがと思います。
これからしばらくはアーリーリバーという品種が収穫できます。
アーリーリバーは甘みも強く、生食に向いています。
木花のプルーンは地元でも評判の良い、佐久穂町の市川さんが愛情込めて育てたものを直売しています。
是非高原の味をお楽しみください。
プルーン
プルーン 品種:アーリーリバー


にゅう

にゅう、ニュー、乳。
いろんな書かれかたをしますが、八ヶ岳の登山スポットのひとつです。
小さい頃は家族でよくみどり池までハイキングをし、天狗岳、横岳、硫黄岳など登ったのですが、大学時代に膝の手術をし、それからというもの登山から少し遠ざかっておりました。
が、、、
にゅうがどんなところかはよくわかっていなかったのですが、わりと気軽に登れるとの情報を得て、気合いを入れて久々の登山に行ってきました。
スタートは白駒の池からで意気揚々と出発しました。
途中まで苔むした針葉樹林などの景色を楽しみながらペースも順調でしたが、中盤急な上り坂で一気に足がぱんぱんに。
針葉樹林
ゴゼンタチバナ八ヶ岳
途中、ゴゼンタチバナが咲いていました。
何度も休憩をし、急な坂を上りきって、ようやくにゅうまでたどり着きました。
乳山頂
にゅうとはこんな岩山でした。
天狗と硫黄
にゅうからの景色。真ん中が天狗岳、左が硫黄岳。
白駒池を望む
北側は眼下に白駒の池が見えます。
登山の楽しみは、やはり頂上からの景色ですね。
なんともいえない気持ちのよい達成感を得られます。
膝もなんとかいけそうなので、数年かけて、八ヶ岳を制覇したいと思います。


ネジバナ

ネジバナが満開を迎えています。
ネジバナ
ネジバナ 別名 モジズリ)ラン科
初めて見たのは人の庭の芝生に生えていたものなんですが、
こんなきれいな雑草があるのかと、感動した記憶があります(笑)
遠巻きにみると雑草に見えましたが、れっきとしたラン科の植物で、
小さい花をよく見れば、ラン科も納得です。
たまに空き地や、芝生に顔を出して咲いているのを見かけますが、
なかなか自分で育てるのは難しい植物です。
鉢植えよりは芝生の中に植え付けてもらえば、根付きやすいようです。


山百合(ヤマユリ)

展示園に植えてあるヤマユリ(山百合)が開花しました。
例年だとこのあたりは8月に入ってから咲くのですが、今年は少し早いようです。
山百合
山百合(ヤマユリ)ユリ科
なんともいえない優雅な花ですね。
香りも強くお店のまわりに山百合の香りが漂っています。
日本の山百合は外国でも人気で数多く輸出され、外国で数多くの改良種を生んできましたが、やはり本家本元の輝きは褪せませんね。