秋の味覚

販売しているリンゴの種類が増えてまいりました。
今販売している種類は『シナノスイート』『秋映』『紅玉』『新世界』です。新世界はあまりメジャーなリンゴではありませんが、とても甘いりんごです。
試食されると、美味しいといって買っていかれる方が多いです。

写真のりんごが新世界です。
りんごの影にあるのはサルナシです。
この辺りにも自生しているマタタビ科の植物ですが、和製キュウイフルーツの名を持ち、味はまんまキュウイフルーツです。
あまり量がとれないので販売はできませんが、美味しい山の幸です。
りんごはこのあとは、『王林』『シナノゴールド』と続き、11月中旬からは最後の品種『サンふじ』となります。
お楽しみに!


タカノツメ

店舗裏にある木花農園(小さい畑ですが)にて栽培したタカノツメを収穫したので、店舗にて干しております。

これからの季節、漬物などに大活躍です。
リース作りに使うかたもいるそうですね。
毎日寒くなってまいりましたが、辛いもので身体を温めて、乗り切りたいと思います。


初雪

今朝は寒かったですね。
小海も霜が降りました。
八ヶ岳には、がっつり雪が積もっておりました。

もうすぐそこまで冬がやってきています。
昼間に野辺山に野菜を収穫にいったのですが、紅葉も盛りを少し過ぎた様子でした。

小海は今週末あたりに見頃になるでしょうか。
冬の前に一瞬だけ見せる山のきらめきをぜひ見に小海までお出かけください。


プレジデント

「プレジデント」というすごい名前のついたプルーンが店頭に並び始めました。
1番最後に収穫となる、プレジデントは大きさと味の濃厚さが、その名に恥じないものだとおもいます。
初めて見る方はプルーンとは思わないかもしれません。

サンプルーンと比較すると、その大きさがよくわかります。

大人とこどもですね。
プルーンとしては最終品種のプレジデント。ファンも多いこのプルーンを是非一度ご賞味ください!


シナノドルチェ

皆様は「シナノドルチェ」というリンゴはご存知ですか?

まだスーパーなどにはあまり出回ってないので、知名度は低いかもしれません。
シナノドルチェは「ゴールデンデリシャス」と「千秋」を交配し、その実生の苗から選抜、育成し、平成17年に品種登録されたりんごです。
またその名付け親が、あのなにかと有名な県知事時代の田中康夫氏だそうです。
なかなかいい名前つけますね。
味のほうですが、甘みと酸味があり、爽やかな香りが口に広がる、美味しいりんごです。
収穫時期は早生種である「つがる」と中生種である「シナノスイート」「秋映」のちょうど間になります。
りんごの少ない間をうめてくれる存在で、美味しいりんごということで、長野県では力を入れて栽培しているりんごなになります。
そんなシナノドルチェはただいま店頭に並んでおります。酸味のある果物が好きな方はきっと気に入るりんごかと思います。